介護システムを確立する重要性

高齢化社会が進む日本において、介護サービスのニーズはますます高くなっています。


恒常的に安定したサービス提供が行われることが求められており、質の向上も年々厳格に求められています。

しかしながら、介護業界の職員の離職率は高いことでも有名です。

身体的な支援だけでなく、認知症の症状がある高齢者も年々増えています。

心身ともに様々な支援が必要な高齢者が増えている時代背景の中で、十分な職員体制や給料に恵まれている環境も少ないのが現状です。

朝日新聞デジタル情報をご紹介いたします。

サービスの質の向上を図る為には、小さな事業所であったとしても様々な介護システムを整備する事が大切なのです。

高齢者の支援を行う仕事は、日本の為に長年貢献してきた人生の先輩に対して尊厳を持って心を込めて対応する事が望まれています。


その為に、精神論がクローズアップされる場合も少なくありません。

勿論どのような心構えで支援を行うかの指針は重要です。
尊厳を持って、心を込めて丁寧に日常生活の支援を行うことは重要であり、必要不可欠なことであります。
しかしながら、心を込めて支援するだけでは、具体的な介護支援においては十分であるとは言えません。



システムを構築して、高齢者の支援に必要な安全性や衛生面の向上、ケアプランに基づいたサービスを不足なく提供できる環境作りも大切なのです。

24時間体制でサービスを提供する環境が少なくない介護事業は、排せつや食事、服薬管理や健康管理など全ての支援をどの職員が対応しても継続的に安定して安全に行う必要があります。
複数の人間がシフト性で対応しているこの仕事は、一つ一つの対応や支援に対して職員全員が理解しているシステムを構築して、それに基づいて行うことも重要なのです。