利便性の高い介護事務ソフト

平成12年4月に施行された介護保険制度は、高齢化社会が進む日本において必要不可欠な存在になったと言っても過言ではありません。



年齢を重ねていけば健康であったとしても急に倒れることも、病気になることもあります。


わずかな段差に躓いて骨折したことがきっかけで、寝たきりの生活になる場合もあります。

保険制度の導入により、支援が必要な状況になった時には、社会的なサービスを活用して迅速にその支援が受けられる体制が整えられていったのです。
しかしながら、国民から徴収された保険料を基に提供されるこのサービスは公的な事業です。


その為に、サービス提供事業所には法令に基づいた厳格な事業運営が求められています。


各サービス提供事業者の主な収入の大半は、提供したサービスに対して支払われる介護報酬に依存します。

YOMIURI ONLINEに関連した情報が掲載されています。

よって、この報酬の請求や管理が介護事業所の運営が円滑に安定して行われるための肝になるともいえます。

介護事務ソフトは、この報酬の請求や管理には欠かせない事務ソフトなのです。ケアプランに基づいて提供されるサービス内容は詳細に決められています。
基本報酬から、一定の条件を満たした場合に認められる加算報酬などもあり、予定のサービスと実際に行われたサービス提供は高齢者の状況などにより変更されることも多々あります。
この全ての加算も含めたサービスの予定と実績を多くの利用者人数分、毎日毎日間違いなく管理する必要があるのです。



有効期限が各々違い、利用者の状態によって変化する介護度も請求にもちろん影響します。
事務ソフトを利用する事でこの煩雑な情報管理と作業が効率よく行うことが出来ます。
また、法令の見直しは数年ごとに定期的に行われています。その度に制度や報酬は変化します。

事務ソフトを利用していれば、それらの変化にも都度バージョンアップして対応してくれるため安心です。